コーティング・鈑金塗装・くるまの事ならなんでもお任せ ピットインリペア Pitin Info.

2016-04-07 (Thu) 13:53

GTOレストア 02

こんにちは
今日はレストア開始時に腐食していた部分の画像を載せます

この車は昭和49年の初代ギャランGTOです

フードレッジ
1フードレッジ













7













8













15













16













リアスカートパネル
3リアスカートパネル 













リアスカートパネルをカットしました
10リアスカートパネルカット













9













取付部分作成
11取付部分作成













フロントインナーフェンダー
19フロントインナーフェンダー













20













21













27













リアインナーフェンダー
34リアインナーフェンダー













リアフェンダー
46リアフェンダー













47













フロアーのシート下
22フロアーシート下













23













エンジンルーム
24エンジンルーム













フレームとフロアー
25フレームとフロアー













26













リアタイヤハウス
28リアタイヤハウス













ガソリンタンク
29ガソリンタンク













30













ドア
48ドア













リアピラー
40リアピラー













41













リフトで上げて下周りの錆取り
58リフト下回り錆取り












上の写真の腐食部分の錆を全てとり
次は腐食部分を切りとって鉄板で形を作って溶接していきます

当店では生産中止になった部品なども作成し、お客様の大事なお車を再生する事ができますので
お気軽にご相談下さい
 

ガラスの膜が愛車のボディを守る。

これまでの自動車、車輌などのガラスコーティングの表面加工の大部分は有機系溶剤の塗り込み施工であり撥水性の塗膜がもてはやされてきましたが、今では親水性と膜の有用性が重要視されています。またクオーツガラスコーティングはエアガンによる全て吹き付け施工であり、塗装をするように、エアガンによる吹き付け作業ですから、ホイール、ボンネット裏・フロントグリル・ドア内・ライトなど、細部まで施工出来ます。その効果は従来品と比較にならないばかりか、常識外の耐久性といえます。また並外れた耐久性を活かしてホイールをコ.­.­.­

Blog Category

RSS 2.0

ページ最上部へ