コーティング・鈑金塗装・くるまの事ならなんでもお任せ ピットインリペア Pitin Info.

2016-04-07 (Thu) 13:53

GTOレストア 02

こんにちは
今日はレストア開始時に腐食していた部分の画像を載せます

この車は昭和49年の初代ギャランGTOです

フードレッジ
1フードレッジ













7













8













15













16













リアスカートパネル
3リアスカートパネル 













リアスカートパネルをカットしました
10リアスカートパネルカット













9













取付部分作成
11取付部分作成













フロントインナーフェンダー
19フロントインナーフェンダー













20













21













27













リアインナーフェンダー
34リアインナーフェンダー













リアフェンダー
46リアフェンダー













47













フロアーのシート下
22フロアーシート下













23













エンジンルーム
24エンジンルーム













フレームとフロアー
25フレームとフロアー













26













リアタイヤハウス
28リアタイヤハウス













ガソリンタンク
29ガソリンタンク













30













ドア
48ドア













リアピラー
40リアピラー













41













リフトで上げて下周りの錆取り
58リフト下回り錆取り












上の写真の腐食部分の錆を全てとり
次は腐食部分を切りとって鉄板で形を作って溶接していきます

当店では生産中止になった部品なども作成し、お客様の大事なお車を再生する事ができますので
お気軽にご相談下さい
 

ヘッドライトリフレッシュ

近年の自動車はヘッドライトに樹脂製のレンズを使う事が多くなりました。軽量化や安価に貢献しているのは確かのですが長期の利用に於いてヘッドライトのレンズが細かい擦り傷で曇ってきたり、黄ばんできたりと・・・極端に酷い黄ばみになると車検で光度不足となり車検に通らなくなるといったトラブルもあります。以前まではコンパウンドで磨いたり、中古のライト本体を探してきて交換といった方法をとっていました。そんな古くなったレンズ表面の状態を復活させるのがこの「ヘッドライトリフレッシュ」と作業です。樹脂レンズには表面.­.­.­

Blog Category

RSS 2.0

ページ最上部へ