ヘッドライトリフレッシュ Headlight Refresh

ヘッドライトリフレッシュ

headright近年の自動車はヘッドライトに樹脂製のレンズを使う事が多くなりました。軽量化や安価に貢献しているのは確かのですが長期の利用に於いてヘッドライトのレンズが細かい擦り傷で曇ってきたり、黄ばんできたりと・・・


極端に酷い黄ばみになると車検で光度不足となり車検に通ら なくなるといったトラブルもあります。以前まではコンパウンドで磨いたり、中古のライト本体を探してきて交換といった方法をとっていました。



そんな古くなったレンズ表面の状態を復活させるのがこの「ヘッドライトリフレッシュ」と作業です。樹脂レンズには表面コーティングが成されていて、キズや黄ばみ等、経年劣化を防止するようになっていますが、やはりコーティングが剥がれると効果がなくなってしまいます。状況によって様々ですがコンパウンドで磨くだけでも綺麗になります。しかし磨いただけでは表面の状態を維持する事が出来ません。コーティングがない状態でレンズの樹脂 (ポリカーボネイト等)が露出してしまうと直射日光による黄ばみや、洗車のふき取りキズが・・・ さらに表面を劣化させてしまいます。そこでヘッドライトリフレッシュ施工では、ヘッドライト用に専用開発されたクリアー塗装を行うことで、新車時の透明感と輝きを取り戻すものです。


状態にもよりますがお値段は¥3,000-からとなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせはメール、又はお電話にて TEL.092-622-6899

ガラスの膜が愛車のボディを守る。

これまでの自動車、車輌などのガラスコーティングの表面加工の大部分は有機系溶剤の塗り込み施工であり撥水性の塗膜がもてはやされてきましたが、今では親水性と膜の有用性が重要視されています。またクオーツガラスコーティングはエアガンによる全て吹き付け施工であり、塗装をするように、エアガンによる吹き付け作業ですから、ホイール、ボンネット裏・フロントグリル・ドア内・ライトなど、細部まで施工出来ます。その効果は従来品と比較にならないばかりか、常識外の耐久性といえます。また並外れた耐久性を活かしてホイールをコ.­.­.­

RSS 2.0

ページ最上部へ